学会内容

日本がん薬剤学会(Japanese Society of Oncology Pharmacy Practitioners:JSOPP)は、出来うる限り最良のがん薬物療法を提供することにより、がん患者の生活の質の向上を図ることを目的とし、International Society of Oncology Pharmacy Practitioners (ISOPP)に連携する組織として、最新のがん薬剤学領域の情報を交換する場を提供することにより、がん薬剤学領域における実務家、研究者の資質向上を図ることを目指しております。平成24年末には一般社団法人として組織も改め、その成果を日本のがん薬物療法のさらなる向上につなげていきます。


事業内容

① 学術大会の開催
② 抗悪性腫瘍剤調製ガイドラインの策定
③ がん薬剤学領域における多施設共同研究の推進
④ がん薬剤学領域における実務家・研究者の教育
⑤ 関連学術団体との連携および協力

組織

代表理事
松尾 宏一福岡大学筑紫病院 薬剤部/福岡大学 薬学部
理事
池末 裕明神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部
石丸 博雅聖路加国際病院 薬剤部
佐野 元彦星薬科大学 実務教育部門
中北 香子テルモ株式会社 ホスピタルカンパニー 国内営業推進本部 ケモ領域
中山 季昭埼玉県立がんセンター 薬剤部
濱  宏仁武庫川女子大学 薬学部
三宅 知宏伊勢赤十字病院 薬剤部
村上 通康松山赤十字病院 薬剤部
吉村 知哲大垣市民病院 薬剤部
社員
濱  敏弘がん研究会有明病院 薬剤部
和泉 啓司郎福島県立医科大学 薬剤部
杉浦 伸一同志社女子大学 薬学部
谷川原 祐介慶應義塾大学 医学部臨床薬剤学
谷村 学伊勢赤十字病院 薬剤部
中西 弘和同志社女子大学 薬学部
橋田 亨神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部

決算公告

2019年度